純米大吟醸酒「稲田重造」 » 酒造りへのこだわり

酒造りへのこだわり

純米大吟醸酒の稲田重造は、酒に使用する米から丁寧に栽培し、蔵人の目の届く範囲内でしか生産致しません。
それは、「品質が低い」「味にムラがある」という酒造りは、本当の酒造りと言えません。
毎年変化する米の取れ高、天候などにより精米歩合を変えたり、生き物である麹菌の管理も日々変化します。
熟練の腕と経験を持った蔵人が様々な手間を一切惜しむことなく生産しているので、年間2,000本限定でしかご提供できませんが、皆さまに飲んで頂く稲田重造1本1本全てにこだわりと自信を持っております。

一滴入魂!こだわりの酒作り

日本酒の中でも最高峰の純米大吟醸米作りに最も適しているといわれる山田錦。
銘酒と呼ばれる酒、酒蔵の多くもこの山田錦を使用しております。
稲田重造は、糸島産の山田錦を古賀の近くにある宗像で栽培したものを使用しております。
山田錦を使用している酒はいくつもございますが、掛米、麹など全ての工程に使用している酒はあまりございません。
古賀市での栽培、酒造にこだわる理由はいくつかございます。

古賀市で米作りを行う理由

・厳選した農家と、蔵人自ら携わる米作り

純米大吟醸酒「稲田重造」に使用する米は、米に対する考え方や、稲田重造に合う米作りが出来る等、翁酒造の蔵人が信用した農家でのみ栽培されます。
蔵人自ら米作りにも参加し、品質の向上、安定に努めております。

・酒造りに適した水

大吟醸本来の味を表現するには、酵母の発酵に適した水は必要不可欠。
酵母の発酵に適していない水を使用すると、米の旨みや特徴を邪魔してしまい、本当の味を引き出す事が出来ません。
純米大吟醸酒「稲田重造」に使用する米は、福岡県の宮若と久山を結ぶ犬鳴山系の流れを組む井戸から湧き出る水を使用しております。
犬鳴山系の山水は、米や野菜の生産だけでなく、素材の味にこだわる料理人や製造者など様々な人に使用されています。

・海岸線の風

酒蔵がある古賀市は海岸線に面している事もあり、年間を通して風が吹いています。
かつては、この海岸線いっぱいに干物が干されており、おいしいと評判でした。
この風は、おいしい酒造りにも欠かせないものです。
ひんやりとした秋風は、稲の甘味を増し、冷たい冬の北風で乾燥させた米は割れにくくなり、味に安定感を与えます。
福岡県古賀市の風、犬鳴山系の水、糸島産の山田錦が生み出す銘酒
様々な自然の力を受けて稲田重造は完成します。
もちろん、添加物、保存料は一切使用しておりません。
翁酒造自信の一本を是非一度ご賞味下さい。

稲田重造のご注文

ページの先頭へ