純米大吟醸酒「稲田重造」 » お酒の豆知識 » 日本酒の保存

お酒の豆知識:日本酒の保存

皆さんは日本酒を保存する際、どのように保存しているでしょうか?
保存の仕方によっては日本酒が長持ちしたり、逆に劣化が早くなったりしてしまいます。

日本酒を保存するにあたって重要になってくるのは光(特に紫外線)と温度です。
光が当たらず、低温で温度変化のないことがポイントになります。

例えば無色のガラス瓶に日本酒を入れて直射日光に当てた場合、数時間で目にはっきり分かるほど色の変化が生じ、場合によっては日光臭と呼ばれる異臭が発生することがあります。
直射日光だけでなく、蛍光灯等の光でも徐々に変化が現れてきますので、暗所貯蔵が必要となります。

日本酒は光に弱いです

日本酒は光(特に紫外線)にあたると劣化してしまいます。
暗所貯蔵をしましょう。

しかし、光の全く当たらないところに保管しても、時間経過で変色してしまいます。さらに、老ね香(ひねか)と呼ばれる独特のにおいが付き、くどい雑身のある味に変化してしまいす。
この変化の度合いは、基本的に保存温度が高いほど進行が早くなるため、長期保存をしたい場合には、低温で温度変化のない状態で保存する必要があります。

ご家庭で保存する場合には、日本酒を化粧箱に入れたままにするか、新聞紙などで包んで光があたらないようにし、できるだけ涼しく、温度変化がないところで保存してください。
なるべく冷蔵保存が望ましいのですが、常温保存でも即座に劣化するというものではありません。
ただし、「火入れ」といわれる処理が行われていない「生酒」や、一度しか「火入れ」が行われていない「生貯蔵酒」に関しましては、冷蔵貯蔵が必須になってきます。
稲田重造の場合は、未開封であれば20℃前後で1年ほど持ちます。

また、家庭用冷蔵庫で保存する場合、扉の開け閉めが頻繁だと庫内の温度変化が大きくなり、お酒を劣化させる原因となってしまいますので、冷蔵庫での保管される場合は注意してください。

稲田重造のご注文

ページの先頭へ