純米大吟醸酒「稲田重造」 » 蔵人日記 » 三三九度

蔵人日記:三三九度

婚礼の夫婦かための杯は、3組の杯に御銚子の口を2度あて3度目に注ぐ、新郎新婦は3度に分けて飲む杯3つとも同様にするので三三九度になる。
3つの杯は天、地、人を表し、3はめでたい陽数、9は同じく1,3,5,7,9の陽数の至極、めでたい事の頂点をあらわすそうです。

掲載日:2011年09月23日
稲田重造のご注文

ページの先頭へ